告白

作詞・作曲 AЯia

僕たちの足跡は

僕たちしか知らない

泣いたことも

笑ったことも

僕たちしか知らない

 

明日もし地球が終わるとしたら

僕は変わらずに日常をおくるだろう


明日も今日と同じように

キミと過ごせれば良い

欲深い僕がここまで暖かい気持ちになれるなんて

キミに出逢えて良かった

これからもずっと宜しくね


僕たちの足跡は

あの頃とは違うけれど

僕は今の歩幅が好きだ

柔らかなこのぬくもり


キミらしい仕草や 

小さなクセ

何よりも愛おしく思っています

僕がキミと いま過ごす時間は

本当に幸せだから


キミとしかつくれない今に

例え何があっても

共に乗り越えてゆけるそんな強い力 感じている

キミと歩んだこの道

ボクを育ててるありがとう

 

これからもずっと・・・

 

僕たちの足跡は

僕たちしか知らない

泣いたことも

笑ったことも

僕たちしか知らない

 

タネヲマコウ

作詞/作曲 AЯia 
ある日私は恋におちました

なんとなく始まったその恋は知らぬ間に大きくなって

でも叶わなくて悲しい恋


キミは僕の隣で手だって繋いで歩いているのに、なぜ?

一つになれない寂しさ埋める恋

甘えてばかりの関係から

サヨナラ


種をまこう

種をまこう

明日の自分が今日より輝くように

種をまこう

種をまこう

3年後の自分が笑っているように

たった1つの問題で

沢山の幸せが壊れていく

きっとキミは傷つくことさえ

終わりを告げてしまったのでしょう

ありがとうって言えなくて

ごめんねの一言も伝えられなくて

キミと僕と2人似た者同士

だけど僕たちはもう大人(大丈夫)だから・・・


サヨナラの言い方だって

本に書いてあるように出来なくて

優しさを1つ手に持って

受け止められたら良かったのに


種をまこう

種をまこう

キミと僕がホントに笑えるように

今の自分が過去の自分の期待の星になれるように
いつの日にか花が咲くように

Sadnal

作詞 AЯia 作曲 Yumetoki Suzuki

 

季節が一回りした夏

夜中の電車

鏡に映る姿 溶けかけた

 

「変わったのは景色だ」と、言ってたけれど

本当に変わってたのは誰かしら知ってる?

 

太陽の下

金魚は 偽りで赤くなり

言葉になって

空高く消えた

 

「変わったのは景色だ」と、言ってたけれど

本当に変わってたのは誰かしら知ってる

 

持余す鏡の無い部屋

見える足元

 

他人の会話は

秋が近付く涼しさ